House in Takanawa 高輪の住宅
高輪の閑静な住宅地に建つアトリウムを持つ高級住宅

古くから由緒正しき屋敷町としての気風を受け継ぐ高輪。第1京浜などの幹線道路から離れた閑静な住宅地に建つアトリウムを持つ住宅の計画です。

南北に20mの奥行きのある敷地の特性を利用し、南北にボイドスラブで8mのスパンを持つ住棟を配置。挟まれた建物の中心となる空間をトップライトと半透明のガラスのカーテンウォールで覆い、プライバシーの確保された光あふれる天井高さ6mのアトリウムに仕立てました。2階に配置されたリビング、ダイニングキッチン、和室はアトリウムに対して開かれ、3階の主寝室や子供室もアトリウムを取囲むように配置され、ガラスでのみ仕切られています。

8mのスパンを持つボイドスラブを受ける構造壁は設備ダクトとしても利用され、空調や電気、給排水等の配管は、ボイドスラブの空隙を利用して各室に供給されます。柱の無いフレキシブルな空間となっており設備の更新も容易なため、将来的な間仕切りの変更にも容易に対応できる構造となっています。

計 画 地 東京都港区
主要用途 専用住宅
構造規模 鉄筋コンクリート 地上3階
敷地面積 200.73㎡
建築面積 119.70㎡
延床面積 422.13㎡