富士山麓のカラマツ林に建つセカンドハウス「富士山麓の別荘」

Villa in Fuji

富士の北麓に広がるカラマツ林の富士桜高原別荘地に建つ別荘です。

建物はほぼ正方形の平面プランの中心に、正面のカラマツ林を見渡す事の出来る大きな窓を持つリビングルームを配置。ダイニングキッチンと3つのベッドルーム、大人数のゲストの宿泊に対応するロフトスペースで構成されています。

Villa in Fuji

建物外観
ガルバリウム鋼板竪はぜ葺きの屋根、外壁は外張断熱の通気工法を採用しています。寒冷地の地域性を考慮し、開口部にはLow-eガラスと断熱サッシを採用し、次世代省エネルギー基準に合致する断熱、気密性能を確保しています。

Villa in Fuji

リビングルーム
正面のカラマツ林を見渡す事の出来る大きな窓を持つリビングルームは約5mのゆったりとした天井高さがあり、2面にガラスの開口を持つ暖炉を挟んでダイニングキッチンと繋がっています。

Villa in Fuji

リビングルーム
リビングとダイニング間に置かれた暖炉は2面にガラスの開口を持つので、両側から暖炉の火を楽しむことができます。暖炉はガスFF方式で、下面から温風を吹出すガスファンヒーターとしての機能も有しています。

Villa in Fuji

リビングルーム
リビングとバスルームに面する南側の外部には、木々に囲まれ開放的な約20畳ほどの大きなデッキスペースがあり、リビングの大きな窓を開け放つ事で内部と一体的な利用が可能となっています。

Villa in Fuji

リビングルーム
緩やかな勾配天井でリビング、ダイニングと一体となった2階部分には、リビングの延長のようなスペースがあり、東側のハイサイドライトから午前中の太陽光を部屋の奥まで導入します。このスペースは大人数での宿泊時には寝室として利用する事も可能です。

Villa in Fuji

ロフトからのリビングルームとダイニングルームの眺め

Villa in Fuji

ダイニングルーム
オープンカウンターのキッチンとダイニングルーム。2面開口の暖炉の炎を眺めながら食事ができるように計画しています。

Villa in Fuji

ダイニングルームからリビングルームを見る。

Villa in Fuji

ダイニングルーム
天井が高く2面開口で明るいダイニングルーム。ダイニングルームから直接屋外のデッキスペースへ出ることもできます。

Villa in Fuji

ダイニングルームとオープンキッチン

Villa in Fuji

メインベッドルームを含め3つのベッドルームが用意されています。それぞれに収納量のあるクローゼットが用意されています。

Villa in Fuji

広々としたバスルームはオーナーご家族みんなで利用できるように計画されています。窓からはカラマツ林の景色を楽しむことができます。

計 画 地 山梨県鳴沢村
主要用途 専用住宅
構造規模 木造軸組工法 地上2階
敷地面積 1048.27㎡
建築面積 174.31㎡
延床面積 192.92㎡
構造設計 小川勝利建築設計事務所
施  工 株式会社 長谷萬

Post a Comment