杉並の住宅 造作家具工事

杉並の住宅は連休明けの引渡しへ向けて、工事もいよいよ最終段階に入りました。

内外装の仕上工事が進み、各種の職人さんたちが大勢入り乱れて作業が急ピッチで進んでいます。外装は仕上モルタル、内装はクロスの下地と造作家具、内部建具工事。電気屋さんや衛生設備取付等々気持ちのいい緊張感の中で作業が進んでいます。

写真は、クライアントの膨大な蔵書を納めるリビング上部吹抜けの書庫です。天井高いっぱいの1階の書庫とあわせて北側の壁面を巨大な書庫が占領しています。2階部分はバルコニー状のスペースになっていて、カウンターがあるので、隣地の桜の木を眺めながら読書や書き物ができるように計画しています。

GWは休日を返上。足しげく現場に通って最終の仕上をきっちりと確認していきたいと思っています。

Post a Comment